HOME > 病気に関するよくあるご質問 > X線やCTに関するご質問 > 胸部X線写真で要精査といわれました

胸部X線写真で要精査といわれました

胸部X線写真で要精査といわれました▲呼気X線は背部から照射され、胸の前にある板で感知します。(クリックで拡大)

会社の健康診断、市民健診などで胸部X線(レントゲン)写真を撮ることが多いと思います。

そもそも、X線 レントゲン写真とはなんでしょうか?
X線はレントゲンという名前のドイツ人が発見した放射線の一種です。
人の臓器には、X線を通過しやすいもの、しにくいものがあり、それを濃淡の差で表したものが、X線写真です。
例えば、骨はX線を通しにくいので白く映り、空気はX線を通しやすいので肺は黒く映ります。
肺炎や肺がんはX線を通しにくいので、正常の肺より黒く映ります。

健康診断の胸部X線写真で要精査とされたとき、黒いはずの肺に白く見える部位があるという場合がほとんどです。

しかし、一般の方がよく誤解されていますが、「白く見える=病気がある」ではありません。

X線写真を撮るとき、背中から照射されたX線は様々な密度の臓器を通過します。
まず、背中の皮膚を通過、その後、皮下脂肪、筋肉、骨、肺、血管、そして胸部側の骨、脂肪、皮膚を通過し。写真となります。そのため、一枚の写真には色々な臓器が重なり合って映ることになり、診断を難しくしています。

健診の胸部X線写真を評価したことは何度もありますが、左右の肺を見比べたり、他の人のX線写真と比較したりして、少し靄がかかったような部位が1cmでもあれば、E判定(要精査)とします。しかし、それは骨が重なって見えているだけかも知れませんし、血管が重なってみえているだけかも知れません。

呼吸器内科外来には健康診断で要精査判定だった人がいらっしゃいますが、CTで精査してみると正常だったという人が多数を占めます。

健康診断はあくまでスクリーニングが目的ですので、正常も含めて多くの人をE判定にし、その一部でもよいので肺がんや肺結核など病気の人が見つかれば、健康診断としては意味があることとなります。