HOME > 病気に関するよくあるご質問 > X線やCTに関するご質問 > 胸部X線写真で要精査といわれました

胸部X線写真で要精査といわれました

胸部X線写真で要精査といわれました▲X線は背部から照射され、胸の前にある板で感知します。その板を現像すると胸部X線写真となります。(クリックで拡大)

胸部X線写真とは

会社の健康診断、市民健診などで胸部X線(レントゲン)写真を撮る機会があると思います。

そもそも、X線 レントゲン写真とはなんでしょうか?
X線はレントゲンという名前のドイツ人が発見した放射線の一種です。
人の臓器には、X線を通過しやすいもの、しにくいものがあり、それを濃淡の差で表したものが、X線写真です。
例えば、骨はX線を通しにくいので白く映り、空気はX線を通しやすいので肺は黒く映ります。
肺炎や肺がんはX線を通しにくいので、正常の肺より白く映ります。

 

胸部異常陰影とは

健康診断の胸部X線写真で要精査とされたとき、黒いはずの肺に白く見える部位があるという場合がほとんどです。

しかし、医師以外の医療従事者や一般の方によく誤解されますが、「白く見える=病気がある」ではありません。

X線写真を撮るとき、背中から照射されたX線は様々な密度の臓器を通過します。

まず、背中の皮膚を通過、その後、皮下脂肪、筋肉、骨、肺、血管、そして胸部側の骨、脂肪、皮膚を通過して、写真となります。

そのため、一枚の写真には色々な臓器が重なり合って映ることになり、診断を難しくしています。

健診で「異常影あり」とするとき

健診の胸部X線写真を評価した経験は何度もあります。左右の肺を見比べたり、他の人のX線写真と比較したりして、少し霧がかかったような部位が1cmでもあれば、E判定(要精査)とします。

しかし、それは骨が重なって見えているだけかも知れませんし、血管が重なってみえているだけかも知れません。

呼吸器内科外来には健康診断で要精査判定だった方が何人も受診されます。

しかし、CTで精査してみると正常だったという方は少なくありません。

健康診断はスクリーニングが目的です。

少しでも異常を疑う所見があれば、正常も含めて多くの人をE判定にします。

その一部でもよいので肺がんや肺結核など病気の人が見つかれば、健康診断として意味があることになるのです。

健診で「異常影」が見つかったら、CTを撮ります

健康診断の胸部X線写真で異常影が見つかると、要精査と判定されます。この段階では、この異常影が病気かどうかはまだわかりません。

そこで、CT検査が実施できるクリニックや病院を受診することを勧めます。

人間の体は当然ですが3次元のものですから、X線写真という2次元のもので正確に観察するのは所詮無理があります。
CTでは、体を1-5mm間隔のスライスにして、100-200枚の断層写真にしますので、1枚のX線写真と比較すると診断精度が格段に良くなります。



X線写真で指摘された陰影が、本当に肺の中にあるのか、ただの骨の重なりなのか、CTを撮れば明らかになります。陰影の存在を診断する医療機器としてCTより勝るものは現在ありません。

胸部X線写真で要精査と言われたら、迷わずCTを撮りましょう

 

拙著「その息切れはCOPDです ―危ない「肺の隠れ慢性疾患」を治す!」はこちら。COPDはコロナが重症化しやすい基礎疾患です