HOME > 診療科目 > 睡眠時無呼吸外来

診療のご案内

睡眠時無呼吸外来

睡眠時無呼吸外来

次のような症状を複数もっている方は睡眠時無呼吸の可能性がありますので、受診をお勧めします。

睡眠中の症状

毎日いびきかうるさいと家族に言われる

寝ているとき、呼吸が止まっていると家族に言われる

飲酒していない日でも、眠ると必ずいびきがある

いびきが止まったと思ったら、大きな音とともにいびきが再開する

夜眠りが浅く、よく目が覚めたり、トイレに起きたりする

息苦しくて目が覚めることがある
イラスト

主に日中の症状

会議など仕事に、いつの間にか居眠りをしてしまう

車運転中、渋滞や信号待ちの時に眠ってしまった

十分な時間寝たはずなのに、朝疲れがとれず、だるい

起床時に頭痛がある

肥満があり、首が太くて短い

あごが小さい方である

高血圧症である


睡眠時無呼吸外来では、睡眠時無呼吸、いびきの評価を行い、治療が必要な方を決定します。

当院では睡眠時無呼吸の簡易検査を行います。

自宅で簡単にできる検査ですので、いびきや日中の眠気が気になる方は一度調べてみてはいかがでしょうか。

簡易SAS検査器具









手の指と鼻、手首に簡単な器械を取り付け、自宅で一晩寝てもらうだけです。

 

睡眠時無呼吸症候群とはどんな病気ですか?

眠っているときに呼吸がとまってしまう病気です。

SAS (サス、Sleep Apnea Syndrome)と略されます。

SASはいびきをかく人に多い病気ですが、そもそもいびきはなぜかくのでしょうか。

ヒトは呼吸をするとき、通常、鼻から空気を吸います。
その空気はノド、声帯、気管を通って肺に入ります。

仰向けで眠って筋肉が脱力してくると、舌根(ぜっこん; 舌の最も奥)や口蓋垂(こうがいすい; いわゆる“のどちんこ”)、軟口蓋(なんこうがい; 口腔内の上後方)がノドの方に落ちてしまい、空気の通り道が狭くなります。
その狭い隙間を空気が通るときに、震えて音が鳴るようになります。
これがイビキです。

SASではない健常な人でも、飲酒後など筋肉が脱力しやすい状態になるとイビキをかきやすくなります。
しかし、SAS患者さんでは、肥満や顎が小さいといった理由でもともと空気の通り道が狭くなっており、眠っただけでイビキをかいてしまうのです

眠りが深くなると、舌根と軟口蓋の落ち方がひどくなり、完全に空気の通り道がふさがり、呼吸ができなくなります。

呼吸が止まると、のどの振動も収まり、一旦イビキはかかなくなります。簡易SAS検査器具

家族など周りの人は、もしうるさいイビキが止まって急に静かになったら、ちゃんと呼吸をしているか観察してください。

じっと観察していると、呼吸はずっと止まっているわけではなく、数十秒後に呼吸を再開します。
呼吸がとまると体内の酸素濃度不足し、無意識のうちに息が苦しくなります。
眠りが浅くなりますので、舌根と軟口蓋が持ち上がり閉塞がとれるためです。

このように「息が止まったり、息を吹き返したり」を眠っている間、ずっと繰り返します

眠りは浅くなるだけで、完全に目が覚めるわけではないので、本人は無呼吸に気付いていません。

これが睡眠時無呼吸症候群です。

睡眠中に呼吸がとまると何が問題なのでしょうか?

睡眠中に呼吸がとまると、睡眠が浅くなり、呼吸が再開します。

呼吸が再開すると睡眠がすこし深くなり、また呼吸がとまります。

SASでは一晩中これを繰り返して眠りが浅いため、熟眠感が得られません。

日中の眠気が強くなり、会議や車運転中にいつの間にか眠ってしまいます。

電車やバスの運転手さんが居眠り運転のため事故を起こし、メディアに取り上げられることがよくあります。

しかし、それだけではありません。

重症SASの患者さんでは、1時間に40回以上も呼吸がとまり、一回の呼吸停止が一分間以上となることもあります

試しに1分間呼吸を止めてみてください。

苦しくなってまず止めていられないと思いますが、頑張って止めてみると呼吸がハアハアと速くなるだけではなく、心臓の鼓動が速くなり、意識もぼおーっとするかもしれません。

呼吸がとまるということはそれだけ心臓と脳に負担をかけているのです

居眠りや交通事故は社会生活をする上で弊害となりますが、睡眠時無呼吸を放置すると、最も問題となるのはその合併症です。

睡眠時無呼吸により毎晩血中酸素濃度が下がり、脳や心臓など酸素が最も必要な臓器が酸欠状態になります。

そのため、高血圧や心不全、心筋梗塞、脳卒中になるリスクが高くなり、夜間突然死される方もいます。

重症SASの患者さんは、健常者と比べて生存期間が短い(早く亡くなる)という報告があります。

SASの治療は、日中の眠気を改善するだけではなく、このような合併症を減らし生存期間を延ばすために必要なのです。

睡眠時無呼吸を放置すると

交通事故を起こすリスクは、約2倍

脳卒中になるリスクは、3.5倍

うつ病になるリスクは、5.0倍

高血圧になるリスクは、2.1倍

心不全になるリスクは、4.3倍

心筋梗塞、狭心症になるリスクは、2.5倍

糖尿病になるリスクは、2.3倍

睡眠時無呼吸のない人と比べ、8年後の生存率は約60%

睡眠時無呼吸の検査はどのようなことをするのでしょうか?

まず、SASを心配する患者さんが当院にいらした場合、
問診および日中傾眠の程度を評価するアンケートに記入してもらいます。
その結果、SASが疑われる場合、まず簡易SAS検査を行います
そして、簡易SAS検査でもSASが考えられれば、診断確定のためのさらに詳しい検査(ポリソムノグラフィー)を行います

簡易SAS検査

この検査は自宅で行います。
検査器械を貸し出しますので、ご自分で寝る前にモニターを2種類付けて頂きます。
一つは指に挟む洗濯バサミのようなモニターで、血中の酸素濃度を一晩中測定し記録します。
もう一つは鼻につけるモニターで、鼻に出入りする空気の流れを測定記録します。
翌朝、ご自分でモニターを外し、器械を返して頂きます。
その器械に記録されているデータを当院で解析し、即日の結果説明が可能です。その結果、1時間あたり5回以上の無呼吸があると考えられた場合、次のポリソムノグラフィー検査に進みます。簡易SAS検査費用は自己負担額3割の方で、約3,500円となります。

ポリソムノグラフィー(PSG)

PSGでは血中酸素濃度、鼻の気流以外に、脳波、胸郭と腹部の動き、筋電図を測定します。
PSGでは、脳波で眠っていない時間帯が分かるので、その時間帯を削除することで睡眠中の無呼吸の正確な回数が分かります。
そのため、簡易SAS検査よりは1時間あたりの無呼吸の回数が増えることが多いです。
PSGはモニターの数が多く、ご自分で装着するのはかなり難しいため、通常は入院で行います。
当院では入院設備がないため、近隣の病院を紹介しています。
PSGの結果、睡眠時無呼吸症候群と確定診断されれば、重症度判定を行います。

睡眠1時間あたりの無呼吸もしくは低呼吸の回数が

5回以上15回未満のときは軽症、

15回以上30回未満のときは中等症、

30回以上のとき重症と判定します。

20回以上の無呼吸があれば、後述するCPAP療法の適応となります。

睡眠時無呼吸の治療はどのようなことをするのでしょうか?

生活習慣の改善

睡眠時無呼吸の重症度にかかわらず、生活習慣の改善が必要です。
肥満のある方は減量、飲酒や睡眠薬をのむ習慣がある方は制限します。
仰向けで寝る癖のある方は、横向きになるように背中にテニスボールを貼るのがお勧めです。

軽症SASの治療:口腔内装置による治療

無呼吸が1時間あたり20回未満の軽症患者さんには、口腔内装置(マウスピース)を歯科で一人ひとり作成します。
寝ているときに下あごが落ち込むのが無呼吸の原因となるため、下あごを前に出すようにマウスピースで固定し、いびきや無呼吸が改善します。

中等症以上のSASにはマウスピースでの治療では効果が十分ではなく、次のCPAP療法をお勧めします

中等症から重症SASの治療:CPAP(シーパップ)療法

無呼吸が1時間あたり20回以上の患者さんには、CPAP(持続陽圧呼吸)療法を実施します。
睡眠中に、CPAP器械からホース、マスクを通して、空気を鼻から咽頭部へ送ります。閉塞した気道に空気で圧をかけることで、気道を広げます。

この方法を適切に行うと、使用開始したその日から効果が現れ、いびきや無呼吸がなくなり、日中の眠気も改善します。
空気を鼻から送られるので不快に感じることもありますが、最近はマスクや器械の開発改良が進み、快適に治療ができるようになってきました。
慣れてくると、CPAPがないと安心して眠れないという患者さんもいらっしゃいます。

基準を満たせば、CPAP療法は健康保険の適用となります。
原則毎月通院が必要となり、自己負担額3割の方で月々約4,500円かかります簡易SAS検査器具

 

睡眠時無呼吸症候群に関する最新の医学情報は院長ブログをご参照ください

院長ブログへ

診療科目一覧


  • 健診での胸部X線異常、肺がん早期発見などに有用 CT検査(予約不要)