COPD(慢性閉塞性肺疾患)とはなんですか

COPD(慢性閉塞性肺疾患)とはなんですか▲COPDの診断に必要な肺機能検査を行う器械です。スパイロメーターといいます。(クリックで拡大)

COPDは認知度の低い病気です。

GOLD日本委員会の調査によると、日本でCOPDのことを知っているもしくは聞いたことがある方は約25%であり、3年前の30.5%をピークに低下傾向です。
 
4人中3人はCOPDという病名を全く聞いたことがないことになります。しかし、COPDは日本人の死因第10位(平成27年 厚生労働省)であり、年間1万5千人がCOPDで亡くなっています。
40歳以上の100人中約9人、530万人の方がCOPDを持っていると推定されています(NICE study, 2001)。

このように決して珍しい病気ではないのに認知度が低い原因は、我々医療者側にあると思われます。COPDを正しく診断し、患者さんに正しく伝えるという基本姿勢が医療者に今後ますます求められています。

➡当院ブログでの記事へ