HOME > 病気に関するよくあるご質問 > 喘息に関するご質問 > 喘息の治療について教えてください

喘息の治療について教えてください

気管支喘息と咳喘息の症状は狭くなった気管支が原因であり、治療は気管支を拡張させることです。気管支拡張剤で治療することでゼーゼーといった症状はよくなります。しかし、それで治療が終了ではありません。心不全の治療と同じように、喘息発作の原因となったアレルギーの治療を継続することが肝要です。
心臓の治療を中止すれば心不全が再発するのと同様に、アレルギーを抑える治療を止めれば喘息発作が再発することになります。

気管支喘息の病態は、症状があってもなくても、アレルゲンによって気管支粘膜が慢性的に炎症を起こしていることです。「風邪をひいたときだけ喘息になるんです」という患者さんがよくいますが、風邪の時だけ炎症を起こすわけではありません。
症状がないときも気管支喘息患者さんの気管支粘膜は炎症で肥厚しています。風邪などでウイルスが感染すると気管支粘膜が更に肥厚、気管支内腔が狭くなります。その結果、狭い気管支内腔を空気が通るときにヒューヒューといった音がなるようになります。

アレルゲンを環境から完全に除去できれば良いのですが、それは不可能に近いため、気管支粘膜の慢性炎症を鎮める治療が現在の主流です。それが吸入ステロイド療法です。
気管支喘息および咳喘息の患者さんには吸入ステロイドをまず使用します。吸入ステロイドでは症状が抑えきれない場合に、吸入気管支拡張剤、抗アレルギー薬を追加していきます。
吸入製剤は炎症のある気管支粘膜に直接薬が届くので理にかなっており、副作用を極力抑えられるというメリットもあります。今では、製薬会社が色々な吸入製剤を開発しており、患者さんのニーズ、使いやすさを考慮して、薬を選択することが可能となっています。