喘息は治りますか

喘息は治りますか▲当院にある呼気一酸化窒素(FeNO)測定器です。気管支喘息の診断、治療の役に立ちます。(クリックで拡大)

まず喘息とは何かを説明します。

喘息は「喘(あえ)ぐような息」のことであり、「喘鳴(ぜんめい)を伴うような呼吸」をする病気ということになります。
医学的に喘息を分類すると、①気管支喘息 ②咳喘息 ③心臓喘息の3つになります。

①気管支喘息は、アレルギー疾患の一つであり、病因は患者さんの持っているアレルギーです。アレルゲンを吸入することにより、気管支喘息発作を来たし、呼吸がゼーゼー、ヒューヒューという音がするようになり、患者さんは呼吸が苦しくて大変辛い思いをします。また、発作を起こしていない時は平常通りの生活ができることが特徴です。

②咳喘息は、気管支喘息の一種ですが、呼吸がゼーゼー、ヒューヒューとなることはなく、咳のみを症状とする病気です。病因はやはりアレルギーです。

③心臓喘息の患者さんもやはりゼーゼー、ヒューヒューするような呼吸をしますが、病因が気管支喘息とは全く異なります。心臓の機能が低下し、心不全の状態となると、肺の気管支周囲に水がたまり、水のような痰が増えることで気管支が狭くなります。
心臓喘息の症状は心不全の治療でよくなりますが、心不全の原因となった心臓の病気が治ったわけではないので、心臓の治療はその後もずっと続くこととになります。

当院ブログでも喘息について記載しています。
喘息の季節
風邪と喘息