HOME > 病気に関するよくあるご質問 > X線やCTに関するご質問 > 要精査で受診したら、CTを撮りましょうと言われました

要精査で受診したら、CTを撮りましょうと言われました

要精査で受診したら、CTを撮りましょうと言われました▲CT撮影時間は20秒ほどです。(撮影準備の時間は含めません)(クリックで拡大)

健康診断で胸部X線写真を撮り、要精査と判定された場合、何らかの影(陰影といいます)を指摘されたということになります。
その陰影が正常範囲なのか異常なのかX線写真のみで判断することはできません。

そこで、CTが役にたちます。

人間の体は当然ですが3次元のものですから、X線写真という2次元のもので正確に観察するのは所詮無理があります。
CTでは、体を1-5mm間隔のスライスにして、100-200枚の断層写真にしますので、1枚のX線写真と比較すると診断精度が格段に良くなります。

X線写真で指摘された陰影が、本当に肺の中にあるのか、ただの骨の重なりなのか、CTを撮れば明らかになります。陰影の存在を診断する医療機器としてCTより勝るものは現在ありません。

胸部X線写真で要精査と言われたら、迷わずCTを撮りましょう

当院ブログも参照してください。
レントゲンで要精査