HOME > 病気に関するよくあるご質問 > かぜに関するご質問 > かぜの治療はどうするのですか。抗生物質はでないのですか。

かぜの治療はどうするのですか。抗生物質はでないのですか。

かぜは自然治癒する病気です。しかし、治るまでの間、症状があってつらいので、症状を和らげるような薬を処方します。
□発熱、痛みに対して 解熱鎮痛剤
□せき、たんに対して 去痰鎮咳薬
□鼻水、鼻づまりに対して 抗ヒスタミン薬(副作用として眠気、尿閉があります
□症状、状態によっては漢方薬が良く効くことがあります。

【抗菌薬(抗生物質)について】
抗菌薬は細菌を殺しますが、かぜの原因となっているウイルスには効きません。
ただし、かぜを引いた後に、数十人から数百人に一人の確率で肺炎や副鼻腔炎などの細菌感染を起こすことが知られています。一方、約2~6%の頻度で、下痢や発疹など軽いものも含め何らかの副作用を起こすと言われています。
そのため、抗菌薬はその効果と副作用をよく検討して使用していきます。