おきのメディカルクリニック
(内科・呼吸器内科)

肺がんに関するご質問

肺がんはどうしてできるのですか。

肺がんの原因として最も知られているのはタバコです。

タバコの煙には発がん物質が数多く含まれており、その発がん物質は毎日肺の細胞内にあるDNAにキズ(遺伝子変異)を作っています。ヒトには遺伝子変異を修復する機構が備わっていますが、修復し切れない遺伝子変異ができると細胞はがん細胞に変化します。

がん細胞の多くは免疫細胞によっては殺されます。 しかし、免疫細胞の攻撃を免れたがん細胞はどんどん増殖し、がん(腫瘍)が形成されます。

ところが、肺がんの患者さんには全くタバコを吸っていない方がいます。遺伝子の異常でがん細胞が発生したことには変わりないのですが、非喫煙者の方になぜ遺伝子異常が生じたのかは現代の医学でも分かりません。

肺がんの予防はどうすればよいですか

現在我々ができる肺がんの予防法はタバコの煙を吸わないことしかありません。タバコを吸わないことは勿論ですが、他人が吸っているタバコの煙(=受動喫煙)を避けることも必要です。

タバコ以外の原因でも肺がんは発生していますが、その原因が現代でも解明されていないため予防するのは困難です。肺がんは早期発見、早期治療が重要な病気です。


肺がんを発見するにはどうすればよいですか

肺がんの自覚症状には咳や痰、血痰、胸痛、息切れなどがあります。
 
症状がでたらクリニックや病院を受診する方が多いと思います。しかし、症状が現れる頃には肺がんは進行してしまっていることが多いのです。 進行した肺がんの治療はがん薬物療法を主体に行うことになりますが、がんを治してしまうような強力な薬はまだ開発されていません。肺がんは早期に発見し、手術をして切除するのが現在でも最も良い方法です。

それではどうやって肺がんを早期発見すればよいのでしょうか。

肺がんを見つけるために最も有効な(=感度が高い)検査法はCTです。住民健診などで一般的に行われいる肺のレントゲン写真は、肺全体を一枚の写真で診断します。そのため、小さな肺がんがあっても 骨や血管と重なって見えないことがよくあります。一方、CTでは肺を100枚から200枚の断層写真にしますので、大きさが5mm程度の小さな肺がんを見つけることが可能です。

しかしながら、CTの問題点は肺がん以外の良性病変も捕まえてしまうことです(=特異度が低い)。CTで5mm程度の陰影を見つけたとしてもそれがガンなのか炎症などの良性病変なのか、CTだけでは判断できません。「CTでは肺がんの可能性がある病変が見つかりましたが、本当に肺がんかどうかは手術で確認するまでは分かりません」という説明になってしまうのです。
CTが住民健診にまだ導入されない理由がここにあります。 

CONTACT



当院では内科疾患全般に対応しており、呼吸器疾患には専門的診療を行っています。特に、マルチスライスCT撮影装置を設置しており、予約なしですぐに撮影できます(ただし、造影剤は使用できません)。
また、患者さん用無料駐車スペースが13台分あり、お車での来院も可能です。
なお、スマートフォンからアクセス中の方は、左上の”Menu”をタッチしてください。様々な紹介ページをご覧になれます。

ブログ更新情報

ブログを見る

携帯用QRコード

QRコード
携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。


当院の公式ブログはこちら


病院・薬局検索の病院なび
病院なび
に掲載されています

メディカルライフ
で紹介されています 

PAGE TOP