HOME > 院長ブログ > 院長による医学論文紹介 > 院長による論文紹介(がん関連)

院長による論文紹介(がん関連)カテゴリーの院長ブログ一覧

2020.06.21
肺がん手術後に補助化学療法をするべきかをCT画像スコアで予測できるかもしれない(Lancet Digital Health誌より)
2020.05.17
MRIが普及している現在、予防的全脳照射は限局型小細胞肺がんの治療に必須なのか(JAMA誌より)
2020.04.05
頭蓋内転移に対するオシメルチニブ(タグリッソ®)の有効性と安全性の評価:系統的レビューとメタ解析
2020.03.07
ナザルチニブ(nazartinib)はEGFR変異陽性非小細胞肺がんに対する新薬となれるか:多施設共同非盲検第1相試験
2020.02.29
ガンに対して代替医療しか受けないと、死亡リスクが2.5倍に上昇(JNCI誌より)
2020.02.16
補完医療を受けるガン患者は生存率が低い可能性
2020.02.09
低線量CTによる肺がん検診は、喫煙者の肺がん死亡率を24%低下させる(NELSON試験)
2019.12.21
タグリッソ®はEGFR遺伝子変異陽性の未治療進行期非小細胞肺癌の全生存期間をイレッサ®やタルセバ®よりも延長させる
2019.12.08
進行非小細胞肺癌に対するニボルマブとイピリムマブの併用療法
2019.12.01
早期非小細胞肺がん患者に対する手術療法と定位放射線療法では、どちらの生存期間が長いのか
2019.11.23
中国発のエンサルチニブはALK肺がんに対する6番目のALK阻害剤になれるか: クリゾチニブ耐性ALK陽性非小細胞肺癌におけるエンサルチニブの有効性と安全性、バイオマーカー解析
2019.09.29
TP53とATMの両方に遺伝子変異がある非小細胞肺がんでは、免疫チェックポイント阻害剤の効果が高い
2019.09.01
IV期の非小細胞肺がんに対して全身治療に局所治療を追加すると、生存率は改善できるのか?
2019.04.13
I~II期小細胞肺がんとIII期小細胞肺がんの治療成績に差はあるのか
2019.04.07
低線量CTの所見と喫煙因子で肺癌が予測できるか
2019.03.21
低線量CTによる肺がん検診の有効性