HOME > 院長ブログ > 院長による医学論文紹介

院長による医学論文紹介カテゴリーの院長ブログ一覧

2021.03.07
糖尿病薬セマグルチド(オゼンピック®)が、やせ薬として使える日は来るのか(NEJM誌より報告)
2021.02.28
イスラエルでの新型コロナウイルスワクチン集団接種の有効性(NEJM誌の報告)
2021.02.21
偶発的に見つかった肺結節の診断をするために、検査を徹底的にしてもしなくても、その結果は同じなのか?(JAMA誌からの報告)
2021.02.14
ヨーロッパの都市によって、大気汚染による早期死亡率が異なる(Lancet Planetary Health誌より)
2021.02.07
低酸素血症の患者さんへの酸素投与量の目標値は低い方がよいのか?(NEJM誌より紹介)
2021.01.30
住宅の断熱化と入院率は関連するかもしれない(BMJ誌より紹介)
2021.01.17
オックスフォードとアストラゼネカによる新型コロナウイルスワクチンの有効率は70.4%(LANCET誌の報告)
2021.01.10
モデルナ社の新型コロナウイルスワクチンは94.1%の有効性(NEJM誌より報告)
2020.12.27
フランスにおける新型コロナウイルス感染症と季節性インフルエンザの特徴,罹患率,死亡率の比較(Lancet Respir Med.誌よりの報告)
2020.12.20
短時間作用型β2刺激薬(SABA)を過剰に使用すると、喘息の増悪(発作)および死亡リスクが上昇する(ERJ誌からの報告)
2020.12.13
BioNTechとファイザーによる新型コロナウイルスワクチンの詳細なデータがNEJM誌より発表
2020.12.06
ブデソニド-ホルモテロール配合剤(シムビコート®)の必要時吸入は、3週間以内の重度の喘息発作を予防する可能性(Lancet Respir Med.誌より)
2020.11.23
夜間勤務が多いと、喘息の発症リスクが増加する(Thorax誌より紹介)
2020.11.15
マスク着用で何人の命が救われるのか(NEJM Journal Watchより紹介)
2020.11.08
EGFR変異陽性非小細胞肺がんの術後補助治療として、オシメルチニブ(タグリッソ®)が有効か(NEJM誌より紹介)
2020.11.01
マスクなどローテクな手法で新型コロナウイルス感染拡大を防止(JAMA誌の意見)
2020.10.25
PD-L1が高発現している未治療進行期非小細胞肺癌患者に対し、アテゾリズマブ(テセントリク)は単剤で有効なのか
2020.10.11
テリルジー®はコントロール不良喘息に有効(Lancet Resp Med誌より紹介)
2020.09.27
夜間のみ低酸素血症を示すCOPD患者には酸素療法は不要なのか。(NEJM誌より紹介)
2020.08.29
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)時代における季節性インフルエンザ (JAMA誌Insightsより紹介)