HOME > 院長ブログ > 院長による医学論文紹介

院長による医学論文紹介カテゴリーの院長ブログ一覧

2020.11.23
夜間勤務が多いと、喘息の発症リスクが増加する(Thorax誌より紹介)
2020.11.15
マスク着用で何人の命が救われるのか(NEJM Journal Watchより紹介)
2020.11.08
EGFR変異陽性非小細胞肺がんの術後補助治療として、オシメルチニブ(タグリッソ®)が有効か(NEJM誌より紹介)
2020.11.01
マスクなどローテクな手法で新型コロナウイルス感染拡大を防止(JAMA誌の意見)
2020.10.25
PD-L1が高発現している未治療進行期非小細胞肺癌患者に対し、アテゾリズマブ(テセントリク)は単剤で有効なのか
2020.10.11
テリルジー®はコントロール不良喘息に有効(Lancet Resp Med誌より紹介)
2020.09.27
夜間のみ低酸素血症を示すCOPD患者には酸素療法は不要なのか。(NEJM誌より紹介)
2020.08.29
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)時代における季節性インフルエンザ (JAMA誌Insightsより紹介)
2020.08.23
治療薬の進歩で、肺がん死亡率が低下している(NEJM誌より)
2020.08.15
喫煙と関連するがんの患者は、がんが治ったら喫煙を再開するリスクが高い
2020.08.09
自然気胸を外来通院で治療できるか(LANCET誌より紹介)
2020.08.02
喘息の重症度によって、CTで観察できる気管支の数が異なる(AJRCCM誌より紹介)
2020.07.25
酸素や人工呼吸を要する新型コロナウイルス感染症(Covid-19)の死亡率が、デキサメタゾンで低下する(NEJM誌より)
2020.07.19
コントロール不良喘息に対し、3剤合剤吸入(エナジア®)は2剤合剤吸入(アテキュラ®またはアドエア®)より有効(IRIDIUM試験)(LANCET Resp. Med誌より)
2020.07.12
コントロール不良喘息にはモメタゾン+インダカテロール(アテキュラ®)はモメタゾン(アズマネックス®)より有効、フルチカゾン+サルメテロール(アドエア®)とは同等の効果。(PALLADIUM試験: LANCET Resp Med誌より)
2020.07.05
中等症以上のCOPDには3剤合剤(トリプル)吸入療法が増悪予防に有効(ETHOS試験とIMPACT試験の比較)
2020.06.28
がんになると、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のリスクはどれぐらい高いのか(LANCET誌の報告)
2020.06.21
肺がん手術後に補助化学療法をするべきかをCT画像スコアで予測できるかもしれない(Lancet Digital Health誌より)
2020.06.14
COPD急性増悪の予測ツール(ACCEPT)は有用 (Lancet Respiratory Medicine誌より紹介)
2020.06.07
閉塞性睡眠時無呼吸を診断する検査方法として下顎運動モニタリングが有用か(JAMA誌よりの報告)