X線と医療

X線はドイツの物理学者であるヴィルヘルム・コンラート・レントゲンが1895年に発見した放射線の一種です。

 

X線のXは数学の「✘」で、未知の放射線という意味であったようです⁑。

 

X線と医療

 

X線を使って撮影した胸部の写真のことを、英語では「chest X-ray」、日本語では「胸部X線写真」もしくは「胸部レントゲン写真」と呼びます。日本では発見者の名前をとったレントゲン写真の方が通りが良い印象です。レントゲンという人名を残したのは日本の近代医学がドイツから伝わったことが関係しているのでしょうか。ちなみに医師の間では、「レ線」と略して言うこともあります。

 


肺の診療にはX線が不可欠です。脳や腹部骨盤臓器、骨は磁気を使用するMRIも有用ですが、肺はMRIではよく分かりません。肺の組織はMRIでは解像度が低く、X線を使用したCTスキャンの方が肺の検査では重要です。

 

X線と医療

 

 

 

⁑参考 ウイキペディア