HOME > 院長ブログ > 院長による医学論文紹介 > 院長による論文紹介(環境と病気) > 妊娠中の妻をもつ夫を禁煙させるには(JAMA誌の報告)

妊娠中の妻をもつ夫を禁煙させるには(JAMA誌の報告)

女性はタバコを吸っていても、妊娠するとほとんどの人が禁煙するようになりました。しかし、妊婦のパートナー(夫)はタバコを吸い続ける人が多いのです。自分のタバコの煙が、生まれてくる自分の子供に悪影響を及ぼすことを、父親となる男性は知っているでしょうか。

 

タバコは「百害あって一利なし」の嗜好品です。さらに、同じ嗜好品のお酒と異なり、自分だけではなく周囲の人、胎児にも影響を及ぼすことが問題なのです。

今回紹介する論文では、妊婦の夫を禁煙させる取り組みを無作為化試験で検証しています。香港からの報告です。

 

(論文より引用)タバコを吸わない妊婦が副流煙に曝露されると、死産、先天性欠損症、神経発達遅延などの胎児と生まれてくる子供にとって有害であることが知られています。しかし、中国(39%以上)だけではなく、高所得国(例えば米国では35%)と低~中所得国(29%)では、多くの妊婦が副流煙にさらされています。

 

妊娠はタバコを吸う妊婦の父親に禁煙を促す機会となりますが、非喫煙妊婦の父親を対象とした禁煙介入の無作為化試験は1件しか実施されていません。世界保健機関(WHO)は、妊産婦の父親を禁煙に参加させるため、さらなる研究を求めています。

 

中国で最も西洋化された都市である香港では、新生児を持つ母親の約30%が、タバコを吸うパートナーと同居していると報告されています。 他の多くの地域と同様に香港では、妊婦の父親は、出産前の訪問時に禁煙に関するアドバイスやサポートを受けていません。

 

今回の紹介する研究では、妊婦の夫を対象に、「簡単なアドバイス、ニコチン置換療法のサンプリング、禁煙治療の積極的紹介」(BANSAR)と呼ばれる、禁煙のための積極的な複合的介入の効果を評価しています。つまり、このBANSARでは、簡単な禁煙アドバイスと、1週間分の禁煙治療薬のサンプル提供、禁煙外来への積極的紹介をセットにした、シンプルな介入をします。この介入により、介入しない場合と比較して、妊婦の夫が6カ月後に禁煙している確率が倍になりました。さらに、介入することにより家族の満足度も高くなりました。

 

しかし、禁煙率が3.6%[526人中19人]から6.8%[527人中36人]に倍増したとはいえ、介入してもその禁煙成功率(6.8%)の低さには驚きます。妻が妊娠したからといって、夫を禁煙させるのはかなり難しく、今後の課題といえるでしょう。

 

 

もうすぐ父親になる喫煙者に対する簡単なアドバイス、ニコチン置換療法のサンプル配布、禁煙外来への積極的な紹介;無作為化臨床試験

Original Investigation

June 14, 2021

Brief Advice, Nicotine Replacement Therapy Sampling, and Active Referral for Expectant Fathers Who Smoke Cigarettes

A Randomized Clinical Trial

JAMA Intern Med. Published online June 14, 2021.

 doi:10.1001/jamainternmed.2021.2757

 

キーポイント

質問 

もうすぐ父親となる喫煙中の男性に対して、ニコチン置換療法(NRT)の一週間分のサンプル提供するとともに積極的に紹介する簡単なアドバイスは、禁煙させる効果的な介入となるか?

結果 

香港の出生前クリニックで募集した1,053人の参加者を対象とした、この無作為化臨床試験では、簡単なアドバイスに加えて1週間分のNRTサンプルを提供し積極的な紹介を行う介入群の方が、簡単なアドバイスのみの群と比較して、6か月後の生化学的に検証されたタバコの禁煙率が高かった(6.8% vs 3.6%)。

意味 

本試験の結果は、積極的で複合的に介入すると、もうすぐ父親になる喫煙者が確実に禁煙する確率がほぼ2倍になることを示した。

 

概要

重要性 

妊娠はもうすぐ父親となる人を禁煙させる良い機会となるが、無作為化臨床試験によるエビデンスは乏しい。

目的 

もうすぐ父親となる喫煙者が禁煙するための、積極的で複合的な介入の有効性を評価すること。

デザイン,設定,参加者 

香港の7つの公立病院の出生前クリニックにおける、今回の実際的な無作為化臨床試験は,2018年10月10日から2020年2月8日まで、1053人の参加者を積極的に募集し,登録した。組み入れられた男性は18歳以上で,過去3カ月間に毎日たばこを吸っており、過去30日以内に妊娠していて禁煙しているパートナーがおり、フォローアップのための固定電話または携帯電話の番号を持っていた。これらの参加者は、介入群または対照群のいずれかに無作為に割り付けられた。主要解析ではintention-to-treatアプローチを採用した。

介入方法  

介入群には簡単な禁煙アドバイスと、1週間分のニコチン置換療法(NRT)の無料サンプル、地域の禁煙外来への積極的な紹介を行った。対照群には簡単な禁煙指導に加えて、周産期にタバコの煙にさらされることの危険性に関するリーフレットと禁煙外来のフリーダイヤルの電話番号を配布した。

主要評価項目と測定方法 

 主要評価項目は、介入開始から6カ月後に生化学的に検証されたタバコの禁煙で、呼気一酸化炭素レベルが3ppm以下と定義された。副次評価項目は、介入開始後6カ月時点での自己申告による24週間の禁煙継続、および介入開始後3カ月および6カ月時点での7日間の禁煙率、いずれかのNRTの使用、および禁煙外来の利用であった。

結果  

1,053名、平均年齢33.8歳(SD6.9)の成人男性が参加し、無作為化された。6ヵ月後の追跡調査での継続率は80.7%であった。介入開始から6ヵ月後に生化学的に検証されたタバコ禁煙の主要アウトカムは、介入群が対照群よりも有意に高かった(6.8%[527人中36人]対3.6%[526人中19人];オッズ比(OR), 1.96;95%CI, 1.11-3.46, P = 0.02)。主な副次的評価項目である、6ヵ月後の自己申告による24週間連続禁煙(OR,1.87;95%CI,1.08-3.23;P=0.03)および3ヵ月後と6ヵ月後の7日間の禁煙率(OR,1.48;95%CI,1.05-2.09;P=0.03) (OR, 1.74; 95% CI, 1.29-2.34; P < .001) も、介入群で有意に高かった。介入群では、ベースラインから6か月後までに、家族の調和の認識(スコア範囲:0~10、スコアが高いほど調和の度合いが高いことを示す)の増加が有意に高かった(B = 0.28; 95% CI, 0.063-0.50; P = 0.01)。

結論と関連性  

この試験では、簡単なアドバイスに加えて、NRTの1週間分のサンプル配布と、禁煙外来の紹介を組み合わせることで、簡単なアドバイスのみの場合と比べて、父親になる予定の喫煙者が有効な禁煙を達成する確率がほぼ2倍になることがわかった。この介入は、家族の調和を促進する上でも有効であった。

試験登録 ClinicalTrials.gov Identifier: NCT03671707

 

禁煙についても言及している拙著「その息切れはCOPDです ―危ない「肺の隠れ慢性疾患」を治す!」はこちらから

著者ページはこちらから

プレゼント原稿が無料でダウンロードできます